安全・安心な明るい社会、私たちの手で!!
余白
  1. HOME > 
  2. イベント

イベント

夕食作りに、南地区更生保護女性会が来所される。(2024.3.14)

令和6年3月14日(水) 13:20~

 南地区更生保護女性会のご厚意による夕食作りのため、中路ひさゑ会長他5名の先生方が来所された。
 持ち込んで頂いた食材を厨房にて調理され、夕方には出来上がった。
 今回の"おふくろの味"は、とり天、トン汁、小松菜・にんじんの胡麻和え、ポテトサラダ、デザートに水ようかんなど、バラエティに富んだ献立となり、寮生は美味しく食事を頂いた。

「調理をされた南地区更生保護女性会の先生方」

「本日のおふくろの味」


賃貸マンション建設のための地鎮祭を挙行 令和6年3月13日

令和6年3月13日、新たな収益事業としての賃貸マンション建設地において、関係者出席のもと地鎮祭を挙行し、金有作理事長が建設工事の安全を祈願して鍬入れを行いました。


夕食作りに、中京東地区更生保護女性会が来所される。(2024.2.14)

令和6年2月14日(水) 12:30~

 中京東地区更生保護女性会のご厚意による夕食作りのため、竹村珠子先生様他7名の先生方が来所された。
 持ち込んで頂いた食材を厨房にて調理され、夕方には出来上がった。
 今回の"おふくろの味"は、ハンバーグ、野菜サラダ、パスタ―、ポテト、
香の物、味噌汁など、バラエティに富んだ献立となり、寮生は美味しく食事を頂いた。

「調理をされた中京東地区更生保護女性会の皆さん。」

 「本日のおふくろの味」


第62回「男の料理教室」実施 2月4日(日)

令和6年2月4日(日)10:00~13:00

被保護者の退所後の自立生活を円滑に送らせるための一環として、食事作りを学ばせることは必要不可欠であることから、自炊技術習得を目的とする「第62回 男の料理教室」を、コロナ過で中断されていたが5年ぶりに食堂及び厨房にて実施再開した。
 指導者は高橋調理員、外部から右京地区更生保護女性会の田嶋和子会長、佐藤圭子先生、松野久美子先生が指導の応援に来所された。
被保護者は、分担して調理を開始し、時間通りに出来上がった。
美味しくできた料理は、昼食として参加者全員で頂きながら座談会を実施し、その後、参加者全員で後片付けを行い終了した。



応援に来られた、右京地区更生保護女性会の皆様


夕食作りに、下京北地区更生保護女性会が来所される。(2024.1.24)

令和6年1月24日(水) 12:30~

 下京南地区更生保護女性会のご厚意による夕食作りのため、岩佐雅子会長様他4名の先生方が来所された。
 持ち込んで頂いた食材を厨房にて調理され、夕方には出来上がった。
 今回の"おふくろの味"は、ハンバーグ、野菜サラダ、パスタ―、ポテト、
香の物、味噌汁など、バラエティに富んだ献立となり、寮生は美味しく食事を頂いた。

「調理をされた下京南地区更生保護女性会の皆さん。」

「本日のおふくろの味」


2024年1月1日(月) 京都保護育成会新年会実施

 1月1日(月)11:00~ 食堂にて
施設長の新年の挨拶の後、寮生と施設長で、おせち料理をおいしくいただいた。

新年の挨拶を述べている乘松施設長

新年会に、寮生に出されたおせち料理


金 有作理事長「藍綬褒章」を受章

金有作理事長「藍綬褒章」受賞

korea today

寮生へのインフルエンザ予防接種を実施。2023年12月16日(土)

大会議室において、社会福祉法人 恩賜財団 済生会京都病院の御厚意を受け、寮生(10名)へのインフルエンザ予防接種を実施した。
予防接種希望者は、問診、検温及び医師の診察を経て、接種を受けた。

インフルエンザ予防接種を受けている寮生

京都済生会病院医師 石橋一哉副院長他2名の方々が来所された。


駐大阪大韓国民国総領事館から”韓国のり”が贈呈される。2023年12月12日

駐大阪大韓国民国総領事館から韓国の”両班味付けのり”8箱の贈呈を受け職員はじめ寮生もおいしくいただいた。

駐大阪大韓国民国総領事館から贈呈された韓国の”両班味付けのり”

■ 夕食作りに、西京地区更生保護女性会が来所される。(2023.11.30)

11月30日(木) 13:00~

 西京地区更生保護女性会のご厚意による夕食作りのため、三宅千恵子様他7名の先生方が来所された。
 持ち込んで頂いた食材を厨房にて調理され、夕方には出来上がった。
 今回の"おふくろの味"は、白ご飯、お好み焼き、天ぷら盛り合わせ、筑前煮、サラダ、味噌汁、デザートに柿とバラエティに富んだ献立となり、寮生は美味しく食事を頂いた。

本日、食事を作っていただいた「西京地区更生保護女性会」の皆様

本日の「おふくろの味:お好み焼き」




このページの先頭に戻る